ボディーガラスコーティング 3Dハイブリットコート(ガラスコーティング 撥水タイプ)

 

3Dハイブリットコート の特徴

超撥水

3D HYBRID COAT は複雑な三次元構造の被膜を持っています。超撥水性能と深い艶感、防汚・耐候・耐酸など、この特殊な三次元骨格を以って非常に高い性能を発揮します。

見た目も気持ちの良い超撥水性能。しかし、同時に水滴痕(シリカスケール)の原因となることから敬遠されがちですが、3Dハイブリットコートは独自構造によってこれを大きく抑える事が可能です。

また、高い耐酸性を有することからシリカスケールの除去に有効な酸性クリーナーを安全に使用できます。

無溶剤

施工性を向上させる為に不可欠なのが有機溶剤。塗装都の密着を上げる為、乾燥までの多くのガラスコーティングに含まれています。

しかし、この有機溶剤は多くのデメリットも持ち合わせております。3Dハイブリットコートにはシンナーやキシレンといった有機溶剤は含んでいません。

さらに、有機溶剤は揮発性が高く、塗布したコーティング剤が揮発し、100の割合で塗ったと思っても、実際に塗装面に残りコーティングとして働くのは揮発後の20だけだった、ということも起こり得ます。

私たちはこれを「コーティングが痩せる」と表現しています。3D HYBRID COATは有害な有機溶剤を含有せず、塗装面と人体に優しいコーティング剤です。

溶媒としての有機溶剤を含有していない事から、コーティングの痩せも起きず、非常に高い造膜効果(コーティング皮膜を形成する性能)を誇ります。

ディーラーやコーティングプロショップでも採用されている有機溶剤を含有したガラスコーティングの造膜効果は0.1~1ミクロン(μm)程度である事に対し、3D HYBRID COATは概ね3~5ミクロンと非常に分厚い造膜効果が見込まれます。

 

三次元骨格と柔軟性

3D HYBRID COATでは複雑な三次元構造の皮膜を持っています。超撥水性能と深い艶感、防汚・耐候・耐酸などの各種性能はこの特殊な三次元骨格を以って形成されています。

さらに、近年では硬度を重視したガラスコーティングも散見しますが、硬ければ硬いほど良いものという訳ではありません。いわゆる“コーティング剤のグレーディング”を鉛筆硬度やモース硬度に当てはめるというのであれば、各社挙って硬度向上に務めるでしょうが、業界を見渡すとそうでないことが十分に見て取れます。

「柔よく剛を制す」という諺があるように、敢えて硬度を上げずに車体を保護する理由が存在するのです。

3D HYBRID COATのロゴにもあるRUBBER-COATとは実際にゴムのコーティングというわけではなく、ラバー素材のような柔軟性の高さを表しています。
よって、レクサス セルフリストアリングコートや、日産 スクラッチシールドに代表される特殊塗装にも3D HYBRID COATは施工可能です。

これらの自己修復性を持った塗料では弾性を持つクリヤー層が傷=局部的な荷重を受け止め、復元する事で傷が自己修復するという特性のため、塗装上に施工するコーティングにおいても柔軟性が非常に重要であると言えます。

 

施工価格

  新車 使用車
コンパクトカー     Sサイズ 33,000円(税込み) 44,000円(税込み)
小型車        Mサイズ 38,500円(税込み) 49,500円(税込み)
普通車 セダン   Lサイズ 44,000円(税込み) 55,000円(税込み)
 SUV・ワゴン    LLサイズ 49,500円(税込み) 60,500円(税込み)
ミニバン・1BOX   XLサイズ 55,000円(税込み) 66,000円(税込み)
3Dハイブリットコート 専用メンテナンスキット 5,500円(税込み)

※特に塗装の状態が悪いお車、ボディーカラーがブラックの場合は、別途料金を頂く場合がございます。
※ガラス被膜完全硬化までに1週間要しますので、その間は洗車や乾拭き等は行わないでください。

●施工は予約制です。コーティングの施工は1泊2日お車をお預かりしての作業になります。
●ご予約いただいた日程の天候によってはお預かり期間が延びることがあります。 ご了承下さい。