ヘッドライトリフレッシュ ヘッドライトスチーマー 耐久テスト中

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

TOTALREPAIRトータルカーサービスの内山です。

多くのお客様よりお問い合わせを頂いておりますが、現在「ヘッドライトリフレッシュ」「ヘッドライトリフォーム」作業の取り扱いを一時中止しております。

ヘッドライトリフォームは、専用のクリアー塗料を塗装してリペアするのですが、施工後1年程で塗装したクリアーが端の方から剥がれてしまうという案件が多発しております。( ˘•~•˘ ).。oஇ

色々と下地の処理方法や塗装方法を改良してみましたが、お客様のご満足頂ける耐久性を確保できない為、現在施工の取り扱いを中止しております。

変わりまして、新しく「ヘッドライトスチーマー」という機材を導入してみました。

ヘッドライトスチーマーの原理は、カップの中の薬剤を加熱して、ノズルから出る蒸気を吹き付け、ヘッドライト表面を溶かしてコーティングするそうです。

メーカーが言うには使用状況や保管状況によって一概に言えないが 約2年 効果が持続するとの事です。

ヘッドライトスチーマー施工の作業手順を順を追ってご説明していきます。

●ヘッドライト表面が黄ばんで曇ってしまっております。表面のハードコートが剥がれてガビガビになっているところもあります。

●今までの施工と同じように、劣化して黄ばんでしまったヘッドライト表面のハードコートを研磨していきます。

●#400~ペーパー目を残さないように段々と細かい番手にしていき、#4000まで研磨していきます。

●スチーマーの液剤を垂らさないように表面に蒸気を吹き付けていきます。

 吹き付けられたところは、くっきりと透明になっていきます。ヾ(●´∇`●)ノわーい

●ムラが無いように蒸気を吹き付けて完成です。施工後は、5分ほどで乾燥して触れるようです。

今回施工したヘッドライトは、家のベランダに放置してどれ位綺麗な状態が持続するか耐久テストを行っているところです。

少なくとも1年ぐらい効果が確保できると確認とる事が出来たら、ホームページにてご案内させていて頂きます。(*´╰╯`๓)